公正証書遺言

遺言を残すことは被相続人にとっても相続人にとってもメリットがあって、被相続人側で言えば自分の意思を反映させることができますし相続人にとっては遺産分割協議をしなくてもいいなど負担が少なくスムーズな相続ができるメリットがあります。
被相続人が亡くなったあと、一番最初にやらなければならないのが遺言のチェックですし、残されていればそれがもっとも優先されるのでたくさん財産を残す可能性があるなら必ず作成しておいたほうがいいでしょう。

そして遺言書には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があって、それぞれメリットがあるのですが、もっとも有効な遺言書を作成するなら公正証書遺言がおすすめです。
公正証書遺言はその名の通り遺言を公正証書にしたもので、作成は公証役場で行います。

公正証書遺言を作成するメリットはいくつかありますが、まずは何と言っても確実な遺言書を作成できるという点にあります。
遺言書は通常裁判所の検認が必要になり、自筆証書遺言と秘密証書遺言は被相続人が亡くなったあとに家庭裁判所へ依頼しなければなりません。
しかし公正証書遺言はすでに公正証書として公証役場で保管しているので、裁判所での検認が必要なく、そのまま遺言書通りに遺産相続を進めていくことができます。
また保管を公証役場がすることによって、遺言書の改ざんや盗難被害を防ぐこともできますから、遺言書が関係するトラブルを防ぐ意味でもとてもいい方法だと言えるでしょう。

さらに少し視点を変えると被相続人が亡くなるときに言語障害や聴覚障害があった場合、自分だけで確実な遺言書を作成することが難しいと思います。
公正証書遺言なら公証人がしっかりサポートしてくれるので安心ですし、その前に弁護士などの専門家と一緒に作成してから公証役場に持ち込めば作成手続きそのものもスムーズです。
このように公正証書遺言はほかの遺言書にはないメリットがありますから、おすすめです。