遺言書の書き方

遺産相続をするときに遺言書があると相続人間でのトラブルも防げますし、戸籍調査や財産調査、遺産分割協議をする必要がありませんのでとてもスムーズになります。
特にたくさんの財産を残す可能性が高い場合はトラブルになる可能性がありますので、遺言書を残しておくことをおすすめします。
そこでここでは遺言書の書き方についてお話していきますので、遺産相続に備えて参考にしてください。

はじめに遺言書には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があって、それぞれ特性が異なります。
順番に説明していくと、まず自筆証書遺言の書き方は自書で押印してあること以外は特に大きな条件があるわけではなく、自由に記入できるのでもっともスタンダードな遺言書として知られています。
遺言の全文を被相続人自身が記入できますから、自宅での作成が可能なので紙とペンがあれば気軽に作成できます。
とは言え、きちんと相続内容がわかるように作成しなければなりませんので、もし自分だけで作成する自信がない場合は弁護士などの専門家に相談して作成することをおすすめします。

次に公正証書遺言ですが、こちらはその名の通り公正証書として作成しますので、公証役場で公証人によって作成されます。
それまでの段階で遺言の内容を整理しておかなければなりませんから、誰にどの財産を相続させるのか決めておきましょう。
また、公証役場でスムーズに手続きをするためにもあらかじめ専門家と一緒に下書きとなる遺言書を作成しておくといいかもしれません。

最後に秘密証書遺言ですが、こちらも自筆証書遺言と同じように被相続人自身が自分の言葉で残すことができます。
自筆証書遺言は自書のみになりますが、秘密証書遺言はパソコンで作成しても構いませんし、代筆による作成も認められています。
ただしこちらは誰にも見られずに作成できるのがメリットになりますので、保管を依頼することになりますから書き換えが面倒になるリスクがあります。