遺言書の費用

遺言書を作成するにあたって、どれくらいの費用がかかるのか気になる人も多いのではないでしょうか?
遺言書は遺産相続をスムーズに進めるうえでとても役立ちますし、被相続人自身の意思をしっかり反映させることができますから、作成しておいて損はありません。

まず遺言書にかかる費用はどのような遺言書を作成するかによって変わってきますし、専門家に依頼するのかどうかでも違ってきます。
遺言書は一般的に自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類がありますから、それぞれかかる費用を紹介していきます。

ひとつめの自筆証書遺言の場合、自身で作成するだけなら紙とペン、封筒くらいしか必要ありませんので自宅にそれらがあれば特に費用はかかりません。
紙に自書で遺言内容と日付、氏名を記入するだけで完成ですから、もっとも簡単に作成できる遺言書と言えるでしょう。
ただ作成にあたって自分だけでは不安だという人も多いと思いますので、その場合は専門家へ依頼します。
専門家に依頼する場合、必要になるのが着手金そして作成費用です。
着手金はだいたい100,000円〜かかりますし、作成費用は70,000円〜90,000円程度、チェックのみなら30,000円〜50,000円程度なのでトータルで200,000円くらいからになるでしょう。

次に公正証書遺言ですが、こちらは公証役場で作成することになりますから、まず住民票などの必要書類をそろえるための費用と公証役場へ支払う手数料が発生します。
手数料は財産の金額によって変わってきますので、詳しくは公証役場へ問い合わせてください。
また作成にあたって専門家の力を借りる場合も自筆証書遺言よりやや高くなっており、作成費用はだいたい100,000円〜になるでしょう。

最後の秘密証書遺言ですが、こちらも公証役場での手続きが必要になりその費用が11,000円かかります。
加えて専門家に依頼する場合は150,000円程度かかります。