遺言の付言事項

遺産相続における相続人間でのトラブルを防ぐ意味でも遺言はとても有効な手段で、特にたくさんの財産を持っている人は自身が亡くなったあとにトラブルになる可能性もありますからきちんと遺言を残しておくことをおすすめします。
遺言を残す手段としては遺言書の作成が一般的ですが、遺言書の作成において、より自身の気持ちを表現する意味でも付言事項を加えることはとても大切です。

それでは遺言書における付言事項の書き方はどのようにすればいいのかお伝えしていきたいと思います。
まずはじめに遺言書は自身の財産を誰に相続させるか意思表示することがメインになりますので、そこを必ず記入することが大前提となりますし、そこが確実に伝わるものでなければ意味がありません。
特に自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合は自身が亡くなったあとに裁判所で検認してもらい、そこで問題がなければ相続という流れになりますので、内容に不備があってはいけません。
ですから遺言の内容をきちんと明記したうえで付言事項を記入するという認識でいてください。

付言事項を記入するのは遺言内容の後にするのが一般的で、そこにはまず相続人に対する感謝の気持ち、そして遺言内容における経緯も記入するようにしましょう。
なぜこの2つが必要になるかと言うと、遺産相続はたとえ遺言書が残されていたとしても不満を与えてしまう可能性があるからです。

たとえばあの人にはこの財産を相続させているのに自分には相続させてくれなかったという不満は必ずあるものですし、そういった小さなことからトラブルに発展するのを防ぐ意味でもなぜその人にこの財産を相続させることにしたのか書いておくと読む側が理解しやすいです。
また被相続人が相続人に対して感謝の気持ちを示すことによって、遺言書そのものがとても人間らしくなり相続人も被相続人の気持ちをより多く受け取ることができるのではないでしょうか?
まずは遺言内容をしっかり作成し、そのうえで付言事項を付け加えるという流れで作成してみてください。