遺言の代筆

将来自分が亡くなったあとに遺産相続のことでトラブルにならないように遺言を残しておきたいという人も多いと思いますが、中には自身で遺言書を作成するのが難しいケースもあります。
たとえば高齢になって手が不自由になっていたりすると、自身で思っているように遺言書の作成ができなかったりしますし、事故の後遺症によって文字を書くことができなくなってしまうケースもあるでしょう。
そんなときに遺言を残したい場合、代筆による遺言書の作成は可能なのでしょうか?

まず答えから言えば遺言の代筆は可能で、これは公正証書遺言あるいは秘密証書遺言による方法で作成することができます。
一般的には公正証書遺言がおすすめされることが多く、それは文字通り公正証書として作成できるため、確実な遺言書を作成できるからです。
通常遺言書は被相続人が亡くなったあとに裁判所で検認が行われ、そこで問題がなければ相続手続きに入るという流れになるのですが、公正証書の場合は作成の段階で検認の必要がない遺言書を作成できているのでわざわざ裁判所で検認してもらう必要がありません。
ですから余計な手間をかけずにすぐ遺産相続へと進めますし、もし遺言書が無効になってしまったらどうしようという不安を抱える必要もありません。

公正証書遺言の作成は公証役場で行われ、公証人の手によって作成されますから、基本的にこちら側はどういう内容の遺言を残したいのか伝えるだけなので代筆がメインになります。
あらかじめ遺言の内容を整理しておいたほうがいいので、公証役場へ行く前に誰にどの財産を相続させるのかなどを決めておかなければなりません。
また信頼できる弁護士に依頼してあらかじめ下書きとなる遺言書を作成してから公証役場へ行くと作成がよりスムーズになります。

公正証書遺言は自筆証書遺言や秘密証書遺言と比較してもコストがかかるのがデメリットですが、自身の財産を確実に相続させることができるので決して高くはないと思います。